[戻ります]

福楼 - 2003年7月 中旬 : 佐藤,弘,島村,佐賀井,原田,松田による報告 -

札幌市東区北21条東15丁目(?)

さあ,まだまだ札幌のスープカレー人気はさめやらぬといった感じですが,みなさんスープカレーライフを楽しんでいますかー?!
 今回は,来たる(!)ソフトボール大会(7/19あたりにありました)に向けての緊急ミーティング兼,強化練習のための腹ごしらえをすべく,東区にある“福楼”に集合しました.

店の中
 まずは,店の雰囲気がこの写真でわかってもらえるでしょうか.けして中華っぽくない,まるでヨーロッパのちょっとしたカフェにいるような感じです.お昼に行ったのですが,とても明るい感じですネ.
 ほとんどみんながカメラ目線で,すっかり外食倶楽部としてのキャラが染み付いてきております(涙).

メニュー
スイマセン.なにぶん,昔の取材だったのでどの写真がなんやらさっぱりわからなくなってしまいました.メニュー載せておきます.確か,1時くらいに行ったらとんぽーろーカリーが売り切れていたような気がします.食べたい場合はお早めに.

餃子カリー
これがお目当て“特製餃子カリー”です.率直には,ちょっとふっくらジューシーさが物足りなかったような気がしますが,おいしかったです.
 スープはやはり中華風の鶏がら風味と油っぽさがあって,「最近新しい店がいろいろあるけどけっこうみんな似た味だなァ.」なんて思ってる人は,ぜひどうぞ.

隠し味
そして,これが“福楼”の3つの隠し味.“辛さ”(辛),“まろやかさ”(福),“不思議さ”(楼)を増す香辛料だったと思います(お店でのお楽しみ...).

クリック!
これが,今の外食倶楽部ボケボケ戦隊のメンツの一部であります.“福楼”の前で戦隊いつものポーズ.

バッティングセンターにて
中華風スープカリーで腹を満たした後は,ファイト一発!バッティングセンターで優勝を目指すべく汗を流しました.しかし,我々に足りないものは打撃(だけ?)ではなく守備(も?)であったとは,このとき誰しもが気付いてはおりませんでした(とサ).


今回のスープカレーは,中華風ではありますがけっこうまろやかな上品な味だったと思います.ちょっと遠いところにあるのですが,スーパーが目印です.お昼に行けば100円お徳!

(文責) 皿洗い

[戻ります]