[もどる]

オムレツの店・The Elbow Room - 2000/11/16 - : 川根 による報告
560 Davie ST. Vancouver, B.C., Canada

The Elbow Room
 「卵は1日ふたつまで」。この食事における「天動説」の反例を捜し求めて、日本と時差17時間の都市バンクーバーに単身やってきた。そして、たどり着いたのがダウンタウンの少しはずれにあるThe Elbow Room =写真=である。
店内
 店内はなじみの客が多そうで、観光客あまりいなそうだった。日本人は私ひとりだったのでちょっとうれしい。

席に座るとマスターが「コーヒーでもどうだい!?」と聞いてきたので、「じぁ、オレンジジュースを下さい」と答える。しばらくすると、オレンジジュースとメニューをもってきてくれた。そして、「THREE EGGS OMELET」の中から「Ham & Cheese」を注文した。それにしてもこのオレンジジュースが非常においしかった。
3エッグオムレツ(ハム&チーズ)
 注文してから待つこと数分で、ボリュームたっぷりのオムレツがトースト付きで出てきた。ハムの厚さが1センチくらいあって、食べ応え十分である。気さくなマスターが「オムレツどうだい!?」と聞いてきたので「うまいっす」と答える(それにしても、英検無級の私でも、英語で何とかやり取りできるもんですね)。
ここの店はひとりでも、十分くつろげるのでバンクーバーにいく機会があれば、また立ち寄りたい店のうちのひとつである。

 (結論) この日は、別に体に異常をきたさなかったので私自身に限定すれば「卵は 1 日 2 つまで」の仮説は棄却された。
(文責) 川根


[もどる]