[もどる]

鮨の正本 - 2000/10/13 - : 東海林@解析、米森@同、川根 による報告
札幌市北区北16条西4丁目

鮨の正本
 金のないときこそ、寿司。この一見、矛盾した定説を証明してくれるのが、鮨の正本=写真=である。正本の伝説的メニューの梅ジャン(梅のジャンボの意)はかなりのボリュームがあるにもかかわらず、700円でおつりがくる。


三役揃い踏み
 

 私自身、正直に言って梅ジャン以外のメニューは頼んだことがなかったのだが、部長の無言の圧力に屈する形で、梅ジャンよりワンランク上の竹ジャン=写真(手前左)=を注文した。部長は迷わず最上級の松ジャン=写真(奥)=を注文。米森氏が梅ジャン=写真(手前右)=を頼んだことにより、未曾有のジャン三役揃い踏みが完成した。


シャリてんこ盛り
 

 ジャンシリーズの唯一の問題点は大きすぎて食べづらい点である=写真=。


部長から一言「食べ方ぶさいくっす」
 

 私と米森氏は箸を使って少しずつ取り崩していく方法を採用したが、部長から「食べ方ぶさいくっす」と灸をすえられる。一方、部長はむんずっとワシづかみで豪快な食べっぷり、おそるべし。


(文責) 川根


[もどる]